私たちがめざしたレストラン。
それは、日常とは違う喜びがある場所。
誰もが幸せな気持ちになれる場所。
気軽に何度でも行きたくなる場所。

そんなお店にするには、どうしたらいいだろうか?
ありふれた味では、つまらない。
肩肘を張るようでは、くつろげない。
何か新しい感覚がありながら、
誰もが気楽に愉しめるものはないだろうか?

その答えは、「美食の地」として名高いバスク地方にありました。
時代の荒波に翻弄されながら、独自に育まれた食文化。
海と山の幸を多彩に用いたバスクの料理は、
気さくな食べ物でありながら、世界中の美食家からも愛される味わい。

ラヴァン・グゥは、その伝統ある本場の郷土料理を、
東京・二子玉川の地でご提供いたします。
葡萄の滋味に富んだ自然派ワインとともに、
どうぞ心ゆくまでお楽しみください。